代表取締役メッセージ

akashita

春陽堂の赤下でございます。弊社ホームページをご覧いただき、まことにありがとうございます。弊社は平成25年、皆様に支えられながら創業35周年を迎えることができました。私は、次の世代により良い形でバトンタッチし、この会社を100年以上続く企業にしたいと思っております。しかしながら、変化の激しいこれからの時代を生き抜くことは並大抵のことではないでしょう。現在の主力産業もいつ斜陽と化し、衰退するかわかりません。私は、「伝統」と「挑戦」でこの難しい時代を乗り切っていこうと考えています。すなわち、弊社の「伝統」である「人に喜ばれる仕事をしよう」という心がけを持ち続けることで、社会から必要とされる企業であり続けます。また、時代のニーズに応じた次の花形産業を開拓するという「挑戦」をし続けます。私は、社員の皆さんが安心して働ける職場環境づくりにも注力しています。私自身が仲間と楽しく仕事をしたいというのももちろんですが、スタッフの活き活きとした仕事ぶりを見ることで、お客様も幸せになれるのでないか、そう考えています。社員満足とお客様満足は、いわば車の両輪なのです。今後も地域の皆様のお力をお借りして、日々精進して参ります。地域社会のため、世のため人のためになるよう頑張っていく所存でございます。どうぞ宜しくお願いいたします。

株式会社春陽堂 代表取締役
赤下 侑徽

基本情報

社名 株式会社 春陽堂
代表者 赤下侑徽
広島営業所 〒730-0037 広島県広島市中区中町3-16 並木ヒロウンビル3階
TEL 082-504-6225
FAX 082-504-6270
資本金 1,000万円
創業 昭和54年4月
従業員数 約60名(アルバイトを含む)

沿革

昭和53年 岡山にて創業
昭和59年 法人化
平成22年 広島営業所開設

イメージロゴマークの由来

logo

カタツムリが鉛筆をつかんでいます。
弊社が創業当初、看板制作をしていたことから、「看板の文字をゆっくり確実に丁寧にかく」という意味が込められています。また、「慌てずに着実にいい仕事をしよう」という決意の表れでもあります。